強制執行・差押え 銀行口座調査の探偵社

0120-73-4166(年中無休・24時間受付)

無料相談・お問い合わせはこちらから

実際のご依頼例

口座調査の例強制執行できる公正証書を作成していたり、裁判所の判決を勝ち取って債務名義を持っていても、差押える銀行口座や不動産、財産・資産、勤務先は、裁判所では探してくれません。

しかし、自力で調査することは不可能です。そんなとき、私たちにご相談ください。隠している財産・資産を探し出します。

ご相談例・その1

口座調査の例相談者:50歳(男性)

知人女性に店舗開店の資金援助を頼まれた。借用書を作成し金銭を貸与したが、開店の話は進まず、程なく返済も途絶えた。

話し合いをしても解決のめどはつかず、どうもだまされていたようだと感じた。やむなく弁護士に貸金の回収を委任した。

調査例

弁護士より書面でやりとりをしてもらったが、話が進まないので、訴訟を起こすことになった。

相手の返済能力の有無を確認するため、銀行口座の調査をおこなうことにした。銀行の残高を確認したところ、一部回収できそうな見込みが立ったので、仮差し押さえの手続きをとることとなった。

ご相談例・その1

財産分与相談者:45歳(女性)

夫と離婚することになった。ある日突然離婚して欲しいと言われ、パニックになったが、以前から女性関係で問題があったので、覚悟を決めた。

女性関係については浮気調査をすることで証拠を得た。財産分与の資料作成をしていたところ、あるはずの貯蓄がなくなっていることが発覚した。

調査例

離婚問題での争いのため、浮気の調査をおこない、不貞行為が原因であることは確認できた。しかし、財産分与でも調査が必要になった。

財産調査で、いままでこちらが知らなかった口座を探した。今後は相手の出方をみて、どう進めるかを検討することとなった。

財産調査.com

[相談受付] 0120-73-4166

年中無休、24時間受付中!秘密厳守、相談無料、携帯電話からもつながります。

[相談室] 東京駅前東神奈川駅前